日本の蝶の生態写真を撮影し始めてから、20年余りが経過しました。それまでさほど興味が持てなかった海外の蝶撮影。転機は韓国遠征でした。私の大好きなミスジチョウ族(Neptini)が沢山見られることを期待して7月初旬の韓国・江原道を訪ねました。梅雨のない爽やかな青空をバックに、飛び交う大型ミスジチョウ、シロモンコムラサキ等、見ていてワクワクする初体験の蝶に素直に感動しました。それ以来、図鑑を紐解きながら、アイドル達に会うため、東南アジア各地域での撮影旅行を続けています。
 海外遠征を始めてから、日本の蝶のルーツについて、思いを巡らせることが多くなりました。氷河時代、地続きのユーラシア大陸から渡ってきた蝶、また遥か南方を起源に持つ蝶。様々なルーツの蝶達が交流して、現在日本で見られる蝶の仲間が生まれたことを実感できます。  
 このサイトの各テーマは、「○○○の蝶」としていますが、各コーナーに登場する蝶は必ずしもその国・地域に固有な種とは限りません。多くの場合、上記のような交流の結果、広い範囲に分布しているものが多いのです。もちろん、日本で見られる蝶も登場します。異国の地でルリタテハ等、馴染みの蝶に出会うと、「やあ、君とまた会ったね」と、声をかけたくなったりします。なお、サイト名の「東南アジア」とは所謂「東洋区」に該当しますが、一部旧北区に棲む蝶もアップしております。
 ギャラリーに添付した和名・学名については、なるべく普遍的なものを採用したつもりです。同定結果も含め間違いがあれば、遠慮なくご指摘をお願いします。
 それでは、ごゆっくり、ギャラリーをお楽しみください。           管理人:FANSEAB

【撮影機材】
当ギャラリーでは、煩雑を避けるため、機材を略号で紹介しています。詳細はこちらをご覧ください(Updated 20/Feb./'17)。