シマジャノメ (Ragadia macuta umbrata )♂閉翅

暗いジャングル内のトレイルを歩いていると、小さめのジャノメチョウが弱々しく飛び立ち、すぐに下草に止まりました。数条の黒い縞を持つシマジャノメでした。スンダランドに広く分布するとされています。
 ここでは眼状紋の数に注目してください。日本のジャノメでは、せいぜい6個か7個止まりですが、異常に多いこの眼状紋とやけに縦長の翅形がエキゾチックなイメージを醸し出します。普通、ジャノメの仲間はイネ科植物を食草にしていますが、この蝶は変わっていて、シダ類を食べるのだそうです。シダを食べると眼状紋が倍増する訳でもないんでしょうが。
 この写真は、ストロボ発光で背景が黒く潰れ、不満足な写真となりました。できれば、マクロレンズの代わりに、超広角レンズを用い、(スローシャッター+ストロボ)の組み合わせで、環境を明るめに写し込み、再度狙いたい被写体です。


→ その後、2012年になって、グヌンムル公園で、背景が明るいマクロ画像の再撮影には成功しました。

撮影日(Date) 1/May/’02     
撮影地(Locality) Danum Valley(Alt.700m), Sabah, Malaysia
撮影データ(Photo data) MZ5, 絞り優先モード、外部ストロボ同調 ボルネオの蝶リストに戻る